席単価が安い

電話監督は、 IVRや通話録音機能などに、別途ハードウェアを準備したりライセンスを購入する必要がありません。ライセンス単位を席数とすることで、価格を明確、且つ、低価格にてご提供致します。

低価格の秘訣はオールインパッケージ

これまでの一般的なパッケージ商品は、IP-PBX+CTIを基本パッケージとし、IVR機能や統計レポート機能などは、オプションとして追加のハードウェアやライセンス費用が必要となるケースがありました。通話録音に関しても、他のアプライアンス製品との連携など、録音装置だけで多額の費用がかかるケースもあります。
弊社の「電話監督」はコンタクトセンターで必須とされる機能を厳選し、その全ての機能を自社開発にて標準搭載した、オールインパッケージです。

従来のCTIシステムでは

各要素毎にサーバソフトウェアや、ライセンスが必要になるケースが多い。

電話監督では

「電話監督」は、コールセンターに必要な要素をパッケージングしています。




ツールが使いやすい

お客様自身でコールフローを簡単に作成できるエディタ機能をはじめ、チャットによるコーチング機能など、ユーザビリティを追求したツールをご提供致します。

コールフローエディタ

お客様自身でコールフローを簡単に作成で
きるコールフローエディタ。グラフィカル
なツールにより、コールフローの視覚化を
実現。アイコンのドラッグ&ドロップでコ
ールフローを作成し、アイコンを選択する
ことで、アイコン毎の設定が可能。また、
作成したフローは保存や動作の確認もでき
必要な時に使用することができます。






アシスタンス・コーチングルール

従来のCTIシステムでは、音声で
のコーチングは実装されていまし
たが「電話監督」では音声だけで
なく、チャットによるコーチング
も可能です。お客様との通話を行
いながらチャットツールを使いス
ーパーバイザーからの指示を仰ぐ
ことができます。




SVメニュー

管理者用メニュー画面から様々な設定ができます。
・各種レポート出力
・アドレス帳管理
・ユーザー管理
・スキル管理
・エージェントグループ管理
・ロイヤル番号管理
・着信拒否番号管理

各種レポートツール

管理者及びSVメニューよりリアルタイムレポートやヒストリカルレポートを表示・出力することが可能です。
ヒストリカルレポートでは、エージェント別、エージェントグループ別、スキルグループ別、ダイヤル別など各種統計情報が取得できます。

クライアントツール

クライアントツールは、オペレー
タステータスの切替や着信情報の
表示ができます。また、SVへのヘ
ルプ要請、プレゼンス情報による
内線発信、発着信履歴からの再発
信など、オペレータ業務を効率的
に行う各種機能が実装されていま
す。




ボード・ティッカーツール

ボード・ティッカーツールでは、リアルタイムの着信情報が表示可能です。ボードは出力画面毎にスキルを個別に設定できます。ティッカー画面は、クライアント別に、設定されているスキルの着信情報が表示されます。着信情報をリアルタイムに表示することで、業務効率を高めることが可能です。

通話録音管理ツール

通話録音管理ツールでは、通話録音された日時や発信元の電話番号、対応オペレータ名などで検索が可能です。
また、録音されたデータを再生、出力することができます。複数録音データの出力や一括出力にも対応しており、出力結果がテキストにて一覧出力され、出力データがどの通話の録音データか参照することができます。