コンセプト


岡田電機では、メールやチャットなどに変わる新しいコミュニケーション手段が次々と登場したとしても、「電話」というツールは決してなくならないと考えております。
なぜならば、「電話」は、すべての人が相手と同じ時間を共有しながら使用するリアルタイムコミュニケーションであり、老若男女が同じ方法で利用できるツールだからです。

また、多様化するニーズの中、コンタクトセンターとして安定した評価を得る為、より向上していく為には、日々変化する現状を、的確に分析し、指示を行う監督業務が重要となります。

スポーツ、映画、舞台等様々なシーンにおいて、素晴らしい実績・成果のウラには「名監督」の存在が欠かせません。コンタクトセンターにおいても、「電話」というツール、オペレータたちを取り纏める「監督」が必要と考えております。 「電話」ツールの提供と、「監督」業務のサポートを、システム側からお手伝いする製品であることから、 「電話監督」と名付けました。

「電話監督」が、日々の電話応対業務と管理業務をお手伝いし、御社の運用に携わる方々の能力を最大限に発揮させ、コンタクトセンター(チーム)に貢献致します。